LIVING STYLE2025住まいの未来LIVING STYLE2025住まいの未来
CONCEPT コンセプト

阪急阪神不動産が考える
“2025年の集合住宅の在り方”
とは?

私たちが着目したのは、住まいと暮らしを取り巻く大きな社会変化でした。
女性の社会進出、高齢者の単身世帯増、職住近接テレワークの浸透、シェアリングエコノミーの浸透、AIロボットの日常生活への浸透など…
これらの社会課題に対して、私たち阪急阪神独自の見解を見出すために
世界的なクリエイティブ機関「アルスエレクトロニカ(Ars Electronica)」とのワークショップを皮切りに、富士通デザイン株式会社と共創し、
「五感の心地よさ」といった個人の欲求や、「プライバシーとコミュニティのバランス」といった公私の関係性、
「自分たちのこだわりを実現」するためのバーチャルとリアルの融合など、あらゆる論点を徹底的に議論しました。

その結果、

「時間をうむ、つくる集合住宅とは?」
というCreative Question(新しい可能性を探るための問い)にたどり着きました。

CONCEPTコンセプト

一棟まるごとHOMEな集合住宅
not HOUSE,but HOME

集合住宅内のどこにいても、まるで我が家にいるかのような安心した気分につつまれる。
テクノロジーの積極活用と、関わり合いの仕組み化で、そんな時間を生み出していく集合住宅。

心地よさと効率化の追求テクノロジーを活用することで、プライベートな空間や時間で”HOME”を感じられる仕組み快適さを追求することで心理的な時間のゆとりを創出家事の自動化などを取り入れ物理的に時間を創出他者との関わりづくり自分の資源を共有することで集合住宅全体が”HOME”に感じられる仕組み自分のモノ・コトを共有し合う仕組み帰属意識を醸成する場づくり 心地よさと効率化の追求テクノロジーを活用することで、プライベートな空間や時間で”HOME”を感じられる仕組み快適さを追求することで心理的な時間のゆとりを創出家事の自動化などを取り入れ物理的に時間を創出他者との関わりづくり自分の資源を共有することで集合住宅全体が”HOME”に感じられる仕組み自分のモノ・コトを共有し合う仕組み帰属意識を醸成する場づくり

単にすむ場所としての家(HOUSE)から、
エントランスに足を踏み入れただけで
我が家を感じることのできる集合住宅(HOME)へ。

イラスト:イスナデザイン(一瀬健人 + 野口理沙子)

SPECIAL MOVIEコンセプトムービー

住まいの未来を考える、LIVING STYLE 2025のコンセプトを動画でご紹介します。

INTERVEW隈研吾氏 インタビュー

日本を代表する建築家・隈研吾氏に、コンセプトに対するご意見をいただきました。

プロフィール

1954年生。東京大学建築学科大学院修了。1990年隈研吾建築都市設計事務所設立。
現在、東京大学教授。1964年東京オリンピック時に見た丹下健三の代々木屋内競技場に衝撃を受け、幼少期より建築家を目指す。大学では、原広司、内田祥哉に師事し、大学院時代に、アフリカのサハラ砂漠を横断し、集落の調査を行い、集落の美と力にめざめる。コロンビア大学客員研究員を経て、1990年、隈研吾建築都市設計事務所を設立。これまで20か国を超す国々で建築を設計し、(日本建築学会賞、フィンランドより国際木の建築賞、イタリアより国際石の建築賞、他)、国内外で様々な賞を受けている。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案している。また、コンクリートや鉄に代わる新しい 素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。

Photo © J.C.Carbonne

作品例

ジオグランデ元麻布

スターバックスコーヒー太宰府天満宮表参道店
©Masao Nishikawa

根津美術館 ©Mitsumasa Fujitsuka

梼原 木橋ミュージアム ©Takumi Ota