阪急阪神不動産 新卒採用webサイト

ENTRY

阪急阪神不動産

WORK STYLE 働き方を知る

お客さまはもちろん、
社内外の人たちを気遣い、
最善の答えにつなげる。

Q.01Q.01 現在の仕事内容
「もっと上位機種のガスコンロに変えて、料理を楽しみたい」「間取りを変えて収納量を増やしたい」「部屋のサイズに合うオーダー家具を製作してほしい」など、〈ジオ〉をご契約いただいたお客さまの住まいづくりを、「有償オプション」という形でお手伝いする仕事を担当しています。主な仕事内容は、有償オプション商品の企画、イベントの開催、受発注管理です。注文後は、きちんと施工がされているか、図面や現場を確認し、引き渡し後も大きなトラブルなく生活していただけて、一物件での仕事が終わります。 少人数のチームのため、いろいろな業務を任せてもらえますし、意見も聞いてもらえます。そのぶん、経験が浅い中でも、物件担当者として相談を受ける場面や判断を任される場面もたくさんあり、難しさを感じることもあります。お客さまにとって最善の答えとなるよう、誰に何をどのように協力していただく必要があるのか、しっかりと見極めていくことも役割だと感じています。 有償であってもやりたいことは、住まいに対するお客さまのこだわりの本音なのだと思います。「こんな商品があるのね、どれにしよう!」とお客さま・スタッフともに楽しそうに打ち合わせしてくださっている様子を見るとうれしく思います。そして、打ち合わせを経てお部屋に個性が出てくると、「お客さまのくらし方に合った住まいづくりに貢献できたかな」とやりがいを感じます。
Q.02Q.02 仕事における「こだわり」
スケジュールを上手く調整できず迷惑をかけたり、気遣いが足りなかったり・・・自分自身でもダメだなと自覚していた時に、とても気遣いがあって緻密な仕事をされる方と一緒に仕事をする機会があり、「真似したい」と思ったことが、私のこだわりのきっかけです。 また、矛盾するようですが、お客さまへの提案では自分のこだわりを押しつけないように気をつけています。使い勝手や色・形・素材・価格・・・こだわる点は人それぞれですので、懸念点や代替案などはしっかりお伝えしたうえで、お客さま自身が納得してご購入いただけるよう、準備に時間をかけるようにしています。 もちろん、長く使っていただける商品を提案していく必要はあるので、商品の設定では、以前の物件でのご要望や新商品を踏まえて検討を重ねます。食器棚ひとつをとっても「引き出しの段数は?」「扉は開き扉・スライド扉のどっち?」や、「施工できない部屋はないか?」「ご注文いただく前にお客さまへ伝えるべき注意事項はないか?」など、メーカーや施工会社の方たちと打ち合わせを重ね、お客さまにより満足いただける商品を設定していきます。そこでは社内の他部署や社外の方の協力が不可欠です。自分自身のこだわりだけでなく、できる限りいろいろな方の考えを聞くようにしています。
Q.03Q.03 「超える」をテーマに阪急阪神不動産でやりたいこと
現在の仕事では、商品・価格設定やカタログ作成から販売・現場確認まで一連の流れを担当し、試行錯誤した工夫が売上として形に見える点に担当業務の面白さを感じています。商品設定のわかりやすさや業務の効率性と、「できる限り選んでいただく」ことの両立は難しいですが、改良をしながら、オプションの立場として提案できることに取り組んでいきたいと思っています。 使いやすさや意匠上の美しさといったお客さまに対しての気遣い、施工のしやすさといった建築的な気遣いも、社外の方、社内の方との連携もまだまだ勉強の日々です。特に、設計変更業務(間取りの変更、仕様の変更など)においてはそのことを強く感じます。頼りにしてもらえるように、ひとつひとつの業務を積み重ねていきたいです。
縁あって、働きたかった会社で働いていても、仕事の中では辛いこともあります。そんな時に、興味のある仕事をしているのだから頑張ろうと思えるよう、好きなことや得意なことを活かせる業界や会社を見つけてくださいね。

山田の1日

06:30
起床
09:00
出社・メールチェック・イベント準備
11:00
物件書類作成
12:00
昼食
13:00
電車移動・物件現場確認
17:00
帰社・物件施工図面確認
19:00
退社
20:30
帰宅
23:30
就寝

オフの過ごし方

ピアノ・管楽器演奏、雑貨屋さん巡りと散歩など、どれも長年の趣味ですが、学生の頃はなかなか足を運べなかったライブに行ったり、新たなジャンルの曲を練習したりして満喫しています。土日に休みが取れる時は、友人とのんびりお茶をしてリフレッシュすることが多いです。写真は、年末年始に台湾でカウントダウンした時のものです。