阪急阪神不動産 新卒採用webサイト

ENTRY

阪急阪神不動産

WORK STYLE 働き方を知る

他社には決して真似できない
阪急阪神不動産だけの“深み”を
常に模索し醸出していく。

Q.01Q.01 現在の仕事内容

阪急阪神不動産のマンション分譲事業に携わっています。ひとくちにマンション分譲事業といっても、用地取得から商品企画・販売・品質管理・アフターサービスまでさまざまな役割がある中で、私の所属部署では主に商品企画を行っています。取得した土地に対し、外観や共用部のデザイン、住宅の仕様についてなど、建設会社と打ち合わせを重ね設計を進めます。また、ハード面だけでなくソフトサービスについても企画し、マンションブランド〈ジオ〉に相応しく、立地環境に見合ったマンションへと計画を推進していきます。予算の管理や近隣住民への説明も当部署の管轄業務になります。

業務においては、自社一貫体制であることを活かし、マンション分譲事業に関わるさまざまな部署と連携を取りながら進めています。

Q.02Q.02 仕事における「こだわり」
他のデベロッパーには決して真似できない“深み”を醸出することを意識して、仕事に取り組んでいます。これまで沿線で培ってきた実績と経験を存分に活かし、「単にマンションの建設にとどまらず、街全体を良くしたい」「マンションの入居者だけではなく、沿線の方々にも貢献したい」という想いから、他社に負けない阪急阪神不動産だけの“深み”を常に模索しています。
Q.03Q.03 「超える」をテーマに阪急阪神不動産でやりたいこと

阪急阪神不動産への入社を決意した際に感じた、「単にマンションの建設にとどまらず、街全体を良くしたい」「マンションの入居者だけではなく、沿線の方々にも貢献したい」というこの想いは、阪急阪神不動産で働いている間に成し遂げるべき自分自身のテーマだと思っています。理想を追い求めれば壮大で、自分一人では到底成し遂げることができないテーマですが、時間をかけゆっくりとでもいいので実現をめざしたいです。

目先の目標としては、自社・他社問わずにいろいろな建築物を見学し、マンションに関する造詣を深めたいと思っています。

就職活動は、自分自身の可能性を広げる良い機会だと私自身は感じていました。過去の自分を振り返ることは大事ですが、過去の自分に捉われ過ぎず、新しいことに挑戦するつもりで楽しく就職活動に挑んでみてください。皆様の良き就職活動を期待しています。

山村の1日

07:00
起床
09:00
出社
10:00
販売定例会議
11:00
資料作成など
12:00
昼食
13:00
設計定例会議
16:00
現場定例会議
18:00
資料作成
19:30
帰宅
24:30
就寝

オフの過ごし方

体を動かすのが好きなので、仕事のリフレッシュを兼ねて運動をしていることが多いです。学生時代の友だちとフットサルをしたり、休みの日には会社の先輩とゴルフをしたりして過ごしています。