阪急阪神不動産 新卒採用webサイト

ENTRY

阪急阪神不動産

WORK STYLE 働き方を知る

従来の延長線上ではない、
それを超える次の住まいの
スタンダードをつくりたい。

Q.01Q.01 現在の仕事内容

当社の基幹事業である分譲マンション事業の中で、現在の部署は中継ぎのようなポジションだと考えています。土地を仕入れる事業企画部からバトンを受け、販売部に引き継いでいく。その間、コストとスケジュールをコントロールしながら“魅力的”な物件に仕立てていきます。この“魅力的”というのは、お客さまにとって“魅力的”でなければ意味がありません。土地の歴史性、そこに住まうであろう方々のライフスタイルや趣向性を考えぬいてストーリーを描き、さまざまなスペシャリストの協力を得ながら昇華させ、魅力を具現化させていく、それが私たちの役割です。

この仕事は、さまざまな部署や協力会社の人たちの協力があって初めて成り立ちます。まだ経験の浅い自分が専門家である方々にどのように要望を伝え、実現していくのか。そこが難しさであり、面白さだと感じています。プロジェクトの初めは苦戦することも多いですが、ぶつかり合いの中でチームとして動き始めた時はうれしく感じます。また人並みですが、自分の携わったマンションに明かりが灯ったところを初めて見た時は本当に感動しました。生活の根幹に携われるところも魅力です。

Q.02Q.02 仕事における「こだわり」

「阪急阪神」の営業マンでありたいと考えています。首都圏では、「阪急阪神」のイメージが関西ほど浸透していません。ご存知いただいてはいますが、まだまだ弱いと感じることがあります。そのため首都圏では、お客さまとの接点を大切にすべく自社販売の強化を進めていますが、実は、協力会社の方々も同じで、「阪急阪神」のイメージがまだ浸透しきっていません。

マンション事業は1社で完結できません。多くの会社にご協力をいただき進んでいきます。そのパートナーの皆様に、いかに「阪急阪神」〈ジオ〉をご理解いただいたうえで取り組んでいただけるのか、また忙しい中で、いかに当社にロイヤリティをもって協同していただけるのか、これは多くの関係者が携わるモノづくりにおいて非常に大切なポイントだと考えています。住まいづくりの思想を共有したうえで良いパートナーシップを築くことができれば、それは必ずより良いモノづくりに還元されていきます。そして、それはお客さまに対して確かな「阪急阪神」をお届けすることにつながると信じています。今の部署はお客さまと接する機会は少ないですが、協力会社の方々との接点は多いので、阪急阪神の営業マンであるという意識を忘れずに、誇りと誠実さをもって仕事をしたいと考えています。

Q.03Q.03 「超える」をテーマに阪急阪神不動産でやりたいこと

従来のマンションや住まいのあり方を「超えて」いきたいと考えています。不動産業界は常に世の中の流れからワンテンポ、もしくはそれ以上に遅れているように感じます。もちろん、生活の根幹である住まいである以上、安全を優先し保守的に考えるべき部分もありますが、住まいのあり方はもっと変わっていく必要がある気がします。

ライフスタイルや価値観の多様化が叫ばれながら、シェアハウスやリノベーションなどのあり方がようやく広まってきたところですが、時代の流れはもう次のステージに差しかかっているようにも思えます。何に重きを置くのか、価値を見出すのか、常に次代のウォンツ・ニーズを見据えたいと思います。世の中では、インダストリー4.0、IoTやAIなど大きな変革が起ころうとしています。時代の潮流を踏まえたうえで、流されるのではなく、上手く良いところを取り入れながら、従来の延長線上ではない、それを超える新しい住まいのあり方を模索していきたい。住まわれる方々にとってあたたかい居場所となり、そして誇れる住まいという原点を守りながら、次の住まいのスタンダードをつくること、それが私の野望です。

まずはやりたいことを見つけてください。やりたいことが見つかれば、会社選び、自分のアピールポイント、その会社でやりたいこと、自ずといろいろ見えてくると思います。それが“住まいづくり”である方、ぜひ一度お話を聞きに来てください。

垣本の1日

07:50
起床
08:30
出社・メールチェック
10:00
社内担当ミーティング
11:00
他社打ち合わせ
12:15
昼食
13:00
他社打ち合わせ
15:00
他社往訪
17:30
帰社・事務作業
19:30
退社
24:00
就寝

オフの過ごし方

一日は、掃除・洗濯と、クリーニングに行ってブランチ。帰りにスーパーに寄り1週間分の食料を調達して、帰宅。あとは本を読むなどゴロゴロしています。もう一日は、気が向けば運動、遊ぶ予定があればサーフィンやフットサルなどをしています。関西に戻った時は同期と飲み会ですね。