阪急阪神不動産 新卒採用webサイト

ENTRY

阪急阪神不動産

WORK STYLE 働き方を知る

会社の成長の柱となるよう、
首都圏での事業拡大と
海外事業に挑戦していく。

Q.01Q.01 現在の仕事内容
首都圏マンション事業企画部は分譲マンション用地の取得を担っています。信託銀行や不動産流通会社などから土地に関する情報を入手し、土地の形状・歴史、周辺環境やエリア特性、マーケット調査・分析などを行います。そして、その土地に相応しいマンションをつくるため、設計事務所・建設会社・販売会社など多くのスペシャリストに協力を仰ぎ、プランニング・建築コスト・事業スケジュールなどを見込み、プロジェクト全体のシナリオをさまざまな角度からシミュレーションし、土地の取得の判断を仰ぎます。
土地の取得はデベロッパーの根幹であり、極めて重要なポジションです。唯一無二の土地を厳選し、住まわれるお客さままでを想定して事業化に向けて検討を行います。ひとつ間違えると会社に大きな損失を及ぼすこともあります。常にその責任と向き合って業務を推進することが求められますが、それこそが大きなやりがいであり、用地取得の醍醐味とも言えます。だからこそ首尾よく取得できた時には大きな達成感を味うことができます。
Q.02Q.02 仕事における「こだわり」

デベロッパーの仕事は単独で成し得るものではありません。たくさんの社内外関係者に協力を仰ぎ、さまざまな課題達成に向けてイニシアティブを持ちながら関係者を取りまとめ、高度なパフォーマンスを発揮するために一体感を醸成することが大切だと感じています。よって、「必ず取得する」という強い意志を持ち、自らが率先して行動し粘り強く交渉していき、たくさんの壁を乗り越え前に進めていく必要があります。

阪急阪神のマンションに適していると判断した土地はすぐに取得に向けて動き出し、集中的に調査し、土地のポテンシャルを見極め、社内外関係者と共に突き詰めていき、鋭敏かつ的確に事業計画を構築していきます。自らの強い意志がないと、まわりの関係者も協力してくれません。常にその強い意志を持ち続け、軸をぶらさず用地取得に向けて業務を推進することで、自然と結果はついてくるものです。その強い意志こそが私のこだわりだと思っています。

Q.03Q.03 「超える」をテーマに阪急阪神不動産でやりたいこと

阪急阪神不動産を首都圏で拡大していく。これは私が入社した理由のひとつであり、今も変わらず掲げている目下の目標です。デベロッパーは莫大な資金が必要で、経済の影響を受けやすい業態ですが、阪急阪神不動産は電鉄が母体であり、安定した収益を生む不動産を所有していることから、デベロッパーとして業務を推進するうえでは素晴らしい環境下にあります。また、社員の個々の能力が高く、関西で培った経験・実績も豊富であり、首都圏においてさらなる成長を遂げるに十分な土壌があると感じています。

前の部署では用地取得後の企画・計画・販売管理から引き渡しまでを担い、今はその商品を提供するための用地取得を担っています。阪急阪神に相応しいマンション用地を取得することが今後の首都圏拡大に直結するため、当面はさらなる用地取得に励むとともに、首都圏全体を引っ張っていける人間になりたいと考えています。

挑戦という意味では、首都圏拡大と同様に力を入れている海外事業に携わりたいですね。法律や条例が異なり、考え方や土壌が全く異なる場所で、今までの経験をどう活かしていくのか。やるからには海外事業の成長を促進させ、会社の成長の柱になるまで高めていきたいですね。

同じデベロッパーでもさまざまな会社があります。視野を広く持ち、たくさんの会社、たくさんの社員の方々と触れ合い、納得がいくまで会社を選んでください。強い意志を持った皆様と一緒に働けることを楽しみにしています。

小田の1日

07:30
起床
09:00
出社・メールチェック・対応
10:00
検討案件社内打ち合わせ(検討案件の進捗状況の説明など)
12:00
昼食(※仲介会社と行くことも多い)
13:00
新規案件現地調査
15:00
不動産仲介業者新規案件打ち合わせ
17:00
検討案件外部打ち合わせ(設計事務所や建設会社との打ち合わせ)
18:00
メールチェック・対応
19:00
退社
19:30
帰宅
24:00
就寝

オフの過ごし方

ほぼ毎週のように趣味のサーフィンを楽しんでいます。定期的に有給休暇を取得し、海外にもサーフトリップに行っています。阪急阪神不動産は休みがしっかり取れますし、有給休暇も取得しやすいので大変感謝しています(笑)。